日陰でも大丈夫な観葉植物とは

部屋に観葉植物を置きたいと思っても、マンションの一人暮らしなどで、日に当たるところに置いておけないという方が多いでしょう。
そういった場合は、日陰に置いておいても枯れない観葉植物を選ぶことで、手軽に取り入れることができます。

日陰でも成長する観葉植物には、「ヘデラ」という人気の植物があります。

元々強い日光に弱く、外に置いておくと痛んでしまうという性質があります。


そのため、日陰に植えることが良いとされており、室内のインテリアとしても非常に向いています。ただし日光にあてない分、あまり水を多くやりすぎると根腐れを起こしてしまいますので注意しましょう。

また適度に日光にあてると、成長のスピードは速くなり、葉もイキイキしますので、時々日が強すぎない日に、窓辺に置いてあげると良いでしょう。

目的別の造花のリース情報に精通したサイトです。

成長の楽しみも感じることができます。

次に「ヤシ」です。



これは、観葉植物の中でも、陰や寒さに強い性質があるので、室内インテリアとして取り入れがしやすいのです。直射日光を浴びてしまうと葉が焼けてしまい痛みますので、窓辺などの日が差す可能性がある場所には置かないようにしましょう。

また室内灯であれば問題ありませんが、あまり明る過ぎるところには向いていないので、お店に置くというよりも、本当に個人宅に飾る性質の植物と言えるでしょう。



丈夫で育てやすく、なによりも存在感があります。


手軽にそして、部屋の雰囲気を変えたいのであれば、ヤシが最適です。